ホームへ 基金概要 アクセス メール リンク


平成26年度長野県農業法人等就業フェア



【長野県農業法人等就業フェアの内容】

 長野県の農業法人や農家に就職を希望している方と、働き手を求めている農業法人や農家との合同面接会です。当日は多くの長野県内の農業経営者さんが参加いたします。直接経営者さんと話をして自分の職場をお探し下さい。
同時に独立就農希望者の方への相談会も行います。将来、自分で農業を始めたいと思っている方、聞きたいことがある方、これからの就職先をお探しの方はどうぞご来場下さい。

求人説明会
 従業員の受入希望のある農業法人・農家さんがブースを設け個別面談に応じます。
 農業法人・農家の仕事内容や経営作物を聞いて自分の希望にあう働き場を探そう。

新規就農相談会
 専任相談員および就農コーディネーター等がブースを設け就農相談に応じます。


【日時・場所】


日時:平成27年1月18日(日) AM10:00〜PM3:30  


場所:長野県松本勤労者福祉センター大会議室 
     

(長野県松本市中央4丁目7番26号 TEL0263-35-6286)

徒歩の方は
・JR松本駅から徒歩20分 
バスご利用の方は
@JR松本駅お城口のバスターミナルから松本電鉄バス新浅間線に乗り、「美術館前」で下車、北に徒歩5分
AJR松本駅から市街地循環バス「タウンスニーカー」の東コースに乗り、「勤労者福祉センター」で下車
タクシーご利用の方は
・JR松本駅お城口からタクシーで約5分(約1km)

 主な交通手段
【JRの場合】
新宿から・・・中央東線/特急あずさ 約2時間20分
東京から(長野経由の場合)・・・長野駅まで新幹線利用・乗り換え・特急しなの 約2時間50分
名古屋から・・・中央西線/特急しなの 約2時間
【自動車の場合】
東京から=中央自動車道(岡谷J.C.T)〜長野自動車道利用 約220km(約2時間30分)松本I.C下車〜会場まで約15分
名古屋から=中央自動車道(岡谷J.C.T)〜長野自動車道利用 約200km(約2時間30分)松本I.C下車〜会場まで約15分
会場道はさんだ東側隣りに140台の専用の無料駐車場あり



【 後援 】      長野県 / JA長野中央会 / 長野県農業法人協会







昨年の就業フェアなどをきっかけに現在、農業法人・農家に就業して活躍されている方々

  

 
 
()スプリングフィールドファーム(佐久市) 廣野友美子さん(28)

Q:以前はどんな関係の仕事をされていたのですか?
A:大学生(文学部)です。
Q:農業経験はありますか? なぜ農業をやろうと思ったのですか?
A:農業経験は無いです。将来を考えた時、東京のオフィス街で働いているイメージがなくて逆に農業の本を読んだり新農業人フェアに参加して農業をやりたいと気持ちが固まっていきました。
Q:どこでフェアを知りました?この会社でお世話になろうと思ったきっかけは?
A:ヤングハローワークに相談に行った時、職員の人が調べてくれて(そこで担い手育成基金のHPにたどりつき)法人フェアを知りました。それと佐久市に祖父母がいたのでこの周辺でも探してもいました。何ヶ所か話を聞いたんですが今の会社が「おもてなし基準」とか「品質方針」とかを示していたのでプロ意識を感じられて、自分もそうなりたいと思って決めました。
Q:はじめてこの農場に来た時の、率直な感想は?
A:畑がたくさんあるなーと感じました。3月の雪が多かった時で、最初の仕事が雪でつぶれたハウスの解体作業でした。周りの人より自分だけ作業が遅いと感じながらのスタートでした。
Q:実際に働いてみて農業の仕事はどうですか?
A:力がなくて皆に追いつけないのが悔しい!。今でもまだまだと思っています。
Q:農業をやっていて楽しかったことうれしかったこと、印象に残った事を教えてください。
A:農産物を収穫して値段が付いたのを見た時、これで稼いで行くんだと実感がわきました。アスパラ菜の収穫が午前中で14kgだったのが20kgになった時うれしいと感じました。外国人研修生は30kg採る人もいるのでああなれたらいいなぁと思っています。
Q:農業をやって大変だと感じている事、苦労したことを教えてください。
A:春先のマルチ張りや定植が体力的に大変でした。でもみんな同じように大変なので終わった時は「ヨッシャー」って感じになります。その時のみんなとの一体感は体の疲れも軽くなります。
Q:農業についてこれからどうなって行きたいですか?
A:みんなについていけるようになりたいです。お金が稼げる(会社に利益を出せる)社員になりたいです。また植物の苗の事がわかるようになりたい。苗を植える時の天候とか土の状態とかに応じて作業できるようになりたい。それと品物の良し悪しが分かるようになりたいです。
Q:農業をやろうと考えている方々にアドバイスお願いします。
A:この仕事は体力勝負だと感じているので健康でいて下さい、体力あるのに越したこと無いです。女性だからこそできる事はたくさんあるので臆せず飛び込んで見てください。





  

  

(有)マルヒ農場(長野市)  浜田裕雅さん(51)


Q:以前はどんな関係の仕事をされていたのですか?
A:長くシステムエンジニアとして企業相手にシステム開発の仕事をしていました。
Q:農業経験は?そもそもなぜ農業をやろうと思ったのですか?
A:家庭菜園をしていておもしろくなってきたのがきっかけで、就農に関していろいろ調べている時、果樹の講習会がありそれに参加したのがきっかけです。
Q:この会社でお世話になろうと思った理由は?
A:昨年の長野県農業法人等就業フェアで社長と知りあって、最初に「厳しいよ」という話がありました。それでも良ければ教えてあげるよと言われ、よく考えた結果ここでお世話になろうと決めました。どの程度厳しいかもわからなかったし、新規就農して始めている人もいると聞いているので、やってやれない事はないかなと思っています。
Q:はじめて農場に来た時の、率直な感想は?
A:とにかく広いんですよ、56haあってこんなに広いのかとびっくりしました。
Q:実際に働いてみて農業の仕事はどうです?
A:実際の仕事はキツイと思います。雨の日にりんごの支柱を運んでいた時は、この先どうなっていくのかと不安になりました。あと農業は販売の事も考えていかなければならないと最近感じています。

Q:農業をやっていて楽しかったことうれしかったこと、印象に残った事を教えてください。

A:今までは室内の仕事でしたが、外で仕事をしていると開放感があって本当に気持ち良いです。
Q:農業をやって大変だと感じている事、苦労したことを教えてください。

A:生き物相手にする仕事というのは頭を使います、観察力がいる。植物の変化をつかみ状況判断が必要です。例えばりんごの収穫で、判断をまちがって採ってはいけないものを大量に収穫してしまい、だいぶ凹みました。農業はその時の状況に応じて対応しなければならず、本当に難しさを感じて勉強になりました。病気の事など自分ではまだ足りない面が多いので、生き物相手の仕事は大変だなと思います。

Q:農業についてこれからどうなって行きたいですか?

A:自分で畑を借りて1からはじめたいと思っています。でもまだまだ覚える事は多くて最低でも2年は経験が必要だよと言われています。
Q:農業をやろうと考えている方々にアドバイスお願いします。

A:よく本などで農業は大変だと言われていますが、やってみると本当に厳しいです。生半可な気持ちでは出来ないと思います。でも天候の良い時は本当に気持ちが良く、そこそこ食べて行ければ良いという位の気持ちならかえって良いかも知れません。自分は中途半端な年齢だと思う。もっと若ければ助成金などがあって利用出来たり、もっと年なら年金もらいながら出来るかもしれないけど、自分の年齢では何もありません。どうせ農業やるなら早い方が良いですよ。自分の場合、資金が無いので独立する時の不安はあります。




  
  

  

(有)農地ホスピタル朝日(朝日村) 飯田 進さん(45) 勝山今日子さん(33)


Q:農業経験は?、そもそもなぜ農業をやろうと思ったのですか?
A:仕事柄いろんな業種の方々と会ったのですが農家の人の心の広さ穏やかさ忍耐強さなどにひかれました。自分も人生の折り返し地点を過ぎ時間に追われる毎日の中で法人フェアをのぞいて見ようと参加しました。農業は未経験で家は非農家ですがチャレンジしようと会社に入りました。
Q:このフェアをどこで知りました?今の会社でお世話になろうと思ったきっかけは?
A:就活中にチラシを見てフェアに参加しました。この会社は遊休農地を活用している会社だったので、自分も興味があったので農業についても勉強できると思って入社を決めました。
Q:実際に働いてみて農業の仕事はどうですか?
A:正直もうちょっとおだやかにできるかとイメージしていたけど毎日収穫で時間に追われながら忙しく作業をしています。 農業は百姓と言うだけあり、他にも機械やハウスの事なども色々知っていなければいけない事があって、農業の幅広さに驚きました。
Q:農業をやっていて楽しかったことうれしかったこと、印象に残った事を教えてください。
A:ありきたりですが、育てた作物が収穫の時期になり作物が商品となって手にとって見れた時、充実していて楽しいなぁと思います。
Q:農業をやって大変だと感じている事、苦労したことを教えてください。
A:とにかく力仕事が多いです。体力的にしんどくて、今でもつらく感じます。入社して1年経たない内に15kgは痩せました(笑)。
Q:農業をやろうと考えている方々にアドバイスお願いします。
A:とりあえず、やってみないとわからない事が多いので興味があれば一歩踏み込んで見たらどうでしょうか。私も農業やりたいなぁと十数年考えていたけど、やって損はないと思っています。体で覚える事が多いんで頭で考えているよりやってみるのが良いと思います。(飯田)


Q:はじめて農場に来た時の感想は?
A:女性の方が結構いたので驚きました。やってみないと本当のところはわからないと思っていました。始めは言われた事だけやっているだけだったけど、今は流れがわかるようになってきました。
Q:実際に働いてみて農業の仕事はどうです?
A:やる前は「未知の世界」だったので大変だろうなって思っていました。この会社はひとつの事だけじゃなくいろんな品目をやっているので覚える事が多くて大変でした。体力はある方だと思っていたけど最初は疲れました。けど最近は段々なれてきました。外でやる仕事も初めてでしたが具合が悪くならない様に自分で体調管理をしています。

Q:農業をやっていて楽しかったことうれしかったこと、印象に残った事を教えてください。
A:作物の成長過程を見れるので、上手く育っていればうれしく感じます。天候に左右される仕事なので上手くいかない時もありますけど。

Q:農業をやって大変だと感じている事、苦労したことを教えてください。
A:手先が不器用な方なので、作業が他の人より遅くて苦手意識があります。
(勝山)



【 農業法人・個人農家ブース 】
H26年度出展法人・農家が決まりました。詳しくはこちら
(pdfファイル)


※4(農)チバナーセリー並びに9特定非営利活動法人どんぐり福祉会 求人取消のため欠席になりました。

 就農相談ブース 】
1 農政部農村振興課
2 農政部農業技術課
3 農業大学校農学部
4 松本農業改良普及センター
5 長野県農業担い手育成基金




参加をお考えの農業法人・個人農家 様へ

参加農業法人・農家の申込み方法
         
 平成26年度長野県農業法人等就業フェア開催要領にて出展条件などをご確認の上、下記申込書 と 求人票 をご提出下さい。申込締切日…平成26年12月1日まで
今年度の出展法人・農家の募集は終了しました。
多くのお問合わせ・申込みありがとうございました。

会場の広さの関係から参加座席数が決まっておりますので早めにお申込ください。
審査により出展できない場合もありますのでご了承下さい。
平成26年度長野県農業法人等就業フェア 開催要領


申込書

申込書(農業法人・農家用)


求人票

求人票 様式(正社員・パートの中から選択)






当日会場でたくさんの農業経営者と話が出来る機会です。
 〜農業をご検討されている方はこの機会をご利用下さい〜

入場無料 ・ 予約不要 ・ 服装自由 ・ 履歴書不要


お問合せ 長野県新規就農相談センター
  (事務局) 長野県農業担い手育成基金 担当北村
 TEL026−231−6222  FAX026−231−6255
mail:  ninaite@nagano-ninaite.or.jp
お気軽にお問合せ下さい。
     
 
Copyright(C) 2007-2014 Nagano-ken Nougyou Ninaite Ikusei Kikin. All right reserved.